効きの早さで選ぶならハイプロン

いろいろな方法

眠れなくてイライラすることは、誰にでもありますよね。しかし夜に眠れない状況が続くと、活動中の仕事や勉強に影響を与え、悪循環になります。
不眠状態は、日常生活に支障をきたすだけでなくメンタル面さえも壊してしまいます。
負のスパイラルに陥る前に、睡眠薬で治療を始めましょう。不眠症状の中でも入眠が遅い、という人はたくさんいます。
特に心配や不安を感じていると、脳がさらに覚醒し余計に目が覚めて眠れなくなっていきます。

ハイプロンは、眠るまで時間がかかる人にピッタリの薬です。
また翌日にイヤな眠気やダルさをあまり残さない薬として、注目を集めている睡眠薬です。さっそく気になる特徴をチェックしていきましょう。

ハイプロンで眠気をサポート

ハイプロンは、睡眠導入剤であるソナタのジェネリックです。リスクの低い睡眠薬として、不眠症を患っている人から人気です。
脳が興奮している状態を抑えてくれて、眠る前に感じる不安や緊張を緩和します。

ザレプロンの強みとは

ハイプロンには、ザレプロンという主成分が含まれています。ザレプロンは脳内にあるギャバの働きを促す効果を持っています。
ギャバの働きが促進されると、自然に近い睡眠をもたらすことができると言われています。
不眠改善の効果を感じる事で、ナチュラルに眠る練習を繰り返していくのが大切です。

服用後の15分~1時間未満に効き始めます。作用時間は4~5時間ほどで、効きの早さが魅力的。
今までの睡眠薬と違い、安全性が考慮されているため使用量をきちんと守れば危険性は低くなります。

ハイプロンは危険?安全性を検証!

安全性が高くなったとはいえ、本当に安心して服用できるのでしょうか?ここでは、ハイプロンの副作用について詳しく紹介していきます。

転倒に気をつけて!思いもよらぬ作用を起こすことも

ハイプロンの副作用は、だるさやふらつきです。
ふらつきは、高齢者にとって危険。即効性があるために、使用後にそのまま作業をしていると転倒する原因になり得ます。
その他の副作用を確認してみましょう。

<ハイプロンの副作用>
・めまい、立ちくらみ
・眠気
・脱力感

立ちくらみやふらつきで転倒する危険性を回避するためにも、ハイプロンを使用する際は寝る前に服用しましょう。
また非常にまれですがアレルギー反応を引き起こす人もいるため、身体の異常を感じたら医師に診てもらいましょう。

外国製の薬で治療スタートしよう!

ハイプロンは、外国製です。そのため国内外の愛用者が多いのも特徴的。しかし医療機関やドラッグイレブン、マツモトキヨシでは、入手できません。
病院やクリニックで受診をしても取り扱っていないため処方してもらず、日本の物販サイトや薬局でも販売していないのがネック。
そのため「外国製なら日本人は買えなさそう」と諦める人も多いんですが、個人輸入代行業者を利用すればカンタンに入手できます。

ネット上に医療品輸入代行サイトがあり、商品を選んで支払いを済ませてしまえば薬の到着を待つだけです。