睡眠薬によって効き方や安全性が変わる!

安全性と危険性

睡眠薬は超短時間作用型・短時間作用型・中時間作用型・長時間作用型に分類され、症状によって使い分けされています。
その中でもベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は寝つきが悪い人に効果が期待でき、慢性的な不眠に陥っている人に処方されます。
名前こそ似ている2つの薬ですが、効き方や副作用に多少の違いがあります。

「睡眠薬の効き方や安全性は?」と疑問に思っている人のために、代表的な睡眠薬の特徴を紹介します!

働き方が変わる睡眠薬

 

睡眠薬は主に、脳の働きを落ち着かせたり全身をリラックスさせたりして眠気を誘います。
ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、主に寝つきの悪さや眠りの浅さを改善してくれるため、入眠障害の方に最適です。

ベンゾジアゼピンとは

抗不安薬や睡眠薬として活躍するベンゾジアゼピンは、GABAに働きかけて入眠を促してくれます。
不安や緊張感を緩和してくれる上に、身体をリラックスさせる作用もあり、肩こりにも効いたという声も。
それほど効き目が強い薬なんです。

GABAとは脳の興奮を抑える作用がある物質。もともと私たちの身体に備わっていて、気持ちを落ち着かせてくれる働きを担っています。
不眠症を患っている人は、脳が覚醒状態になり目が覚めているというケースがほとんど。
そのためベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使い、GABAと共に睡眠を促してくれるのです。

非ベンゾジアゼピンは安全?

非ベンゾジアゼピンとは、非がついているのでベンゾジアゼピンではないという意味になります。
ベンゾジアゼピンとの大きな違いは作用の仕方。
脳の覚醒状態を抑える作用に特化しており、筋弛緩作用は弱いのが特徴的です。
また薬の効果がマイルドなため、副作用や依存性がベンゾジアゼピンよりも軽減されています。

睡眠薬のほとんどが非ベンゾジアゼピンです。
それでもあまり効かないという人には、より作用が強いベンゾジアゼピンが処方されます。

症状別で正しく使い分けよう

不眠症は寝つきが悪い、何回も起きる、早く起きてしまうなどの症状があります。
それぞれに合った睡眠薬を使うことで、効率よく改善へと向かいます。

・超短時間作用型と短時間型
寝つきが悪い入眠障害、途中で何度も起きる中途覚醒に処方される睡眠薬です。
即効性に優れていて15分から1時間未満には効き始めるため、服用後はすぐベッドに入りましょう。
代表的な薬はハルシオンやマイスリー、アモバン、ルネスタなどです。

・中間型と長時間型
予定より早く起きる人や、眠っても満足感がないという人に向いています。
眠っている間に効果を発揮するため、即効性はありません。
短時間型を使用して、早く起きてしまったという人が中間型に変更するケースもあります。

 

睡眠薬を服用する際に気になるのが安全性。
眠りの悩みを助けてくれる睡眠薬ですが、メリットとデメリットもあります。
ベンゾジアゼピン系の薬は効果は絶大ですが、すぐ床につかないとふらふらしてしまいます。
非ベンゾジアゼピンはふらつきやめまいのような身体的副作用は軽減されていますが、健忘を発症する可能性があります。

即効性ならベンゾジアゼピン!

ベンゾジアゼピンは高い効果が期待できるため、用法用量さえきちんと守って使えばとても優れた薬です。

<プラス点>
・即効性が期待できる。
・抗不安薬としても活躍しているため不安や緊張を解消できる。
・身体中をリラックスさせる作用があり、肩こりに効く人も。
<マイナス点>
・眠りの質が落ちる。
・筋肉がほぐされるため、ふらつきやめまいが起こる。
・薬物耐性がついたり依存症になったりすることもある。

安全だけど健忘には要注意!

非ベンゾジアゼピンの良い点とネックになる点を見ていきましょう。

<プラス点>
・睡眠が深くなる。
・翌朝の眠気やふらつき副作用が軽減。
・依存性の軽減。

<マイナス点>
・効果がマイルドで、頑固な不眠症状には効かない時も。
・種類が超短時間型の睡眠薬しかない。
・日中の眠気やふらつきは改善しているが、健忘は起きる。

安全性が高いとされている非ベンゾジアゼピンですが、デメリット部分もあります。
特にベンゾジアゼピンの副作用にもある健忘は、物忘れとも呼ばれており服用後の記憶が欠落している時があります。

それぞれ優れた特徴がありますが、デメリット面があるのも事実。
医師に処方された飲み方をきちんと守り、正しく服用しましょう。