睡眠薬選びに迷ったら…まずはルネスタ

医師に相談している女性

眠れない状態を放置してしまうと、身体や脳が十分な休息が取れなくなり体調を崩しやすくなります。
「まったく寝つけなくなってしまった」という睡眠トラブルを抱えている人は、多いのではないでしょうか。

寝付きの悪さには、ルネスタを提案します。
即効性に優れていて、従来の睡眠薬よりも副作用を感じにくいのがポイントです。

寝つきの悪さに悩んでいる人には

ルネスタは、眠気を誘う作用に絞って製造されています。使用後は効きも早く、頭がボーっとしてきて眠るという作用を持っているのが特徴的です。
薬剤耐性や依存症を生じにくく安全性が高いとして、睡眠薬ユーザーから愛されている薬です。

ルネスタの特徴って?

ルネスタは、不眠症状の中でも入眠障害の人にピッタリ。入眠障害とは寝付きの悪い症状のことです。
どのようなメリットやデメリットがあるのか見てみましょう。

【メリット】
・効き目が早い
・なかなか眠れない人に向いている
・眠気やふらつき感が少ない
・依存性や薬剤耐性が軽減されている

【デメリット】
・健忘や味覚異常といった副作用
・日本ではジェネリックが買えない

正しい飲み方で治療開始しましょう

ルネスタは1~3mgと成分量が豊富です。初めて服用する人という人には、1mgから試してみるという方法をオススメします。
まずは、自分の身体に合っているかどうかを確認するのも大切です。

ルネスタは、必ず就寝前に服用しましょう。
即効性に特化しているため飲んだ後に仕事や家事をすると、ふらつきを引き起こす可能性があります。
また食事の影響を受けるため、なるべく空腹時が好ましいです。服用すると決めている日は、早めに夕飯を食べておきましょう。

要注意!ルネスタの副作用

一昔前までは、睡眠薬を乱用目的で使用する人がいました。そのため怖いという印象がまとわりついます。
では、ルネスタも同様に危険なのでしょうか?詳しくチェックしていきましょう。

健忘と苦味というデメリット

ルネスタを服用する上で、注意してほしい副作用があります。それは健忘や味覚異常です。
味覚異常とは苦味。服用後、しばらくすると口の中に苦味を感じるケースがあります。感じ方には個人差があるため、まったく感じないという人もいます。

健忘は物忘れのことです。ルネスタは即効性があるがゆえに、脳内がリラックスするスピードが早いんです。
そのため頭がボーっとし始めて「飲んだ後の記憶がない」という状況を引き起こす可能性があります。
そのようなリスクを避けるための対策は、必ず寝る前に飲む事です。飲んだ後に作業はしないでください。

ルネスタはどこで買う?

ルネスタは、日本では承認薬として扱われています。医療機関が認めている睡眠薬なので、病院で処方してもらえます。

しかし不眠症状を診てもらうためには、心療内科か精神科に通う必要があり人によっては周りの目が気になるという人もいます。
病院へ行くのが億劫と感じる人は、海外通販を利用して手軽に入手しましょう。