睡眠薬と睡眠改善薬の違いって?

気づきや疑問

ドラッグストアで睡眠に関する薬が販売されているのは、誰もが見たことある光景ですよね。
中には睡眠薬と思って購入している人もいますが、睡眠薬は病院でしか買えません。
ドラッグストアで売っている薬は睡眠改善薬といって、一時的な眠りの不調を改善するのが目的の商品です。

一方で睡眠薬は、不眠症の治療に用いられる薬。
不眠症は寝不足状態が更に悪化した状態なので、市販薬だと十分な効果が得られないんです。

ここでは睡眠薬と睡眠改善薬について、掘り下げて紹介していきます。

睡眠薬は病院でしかもらえない?

 

睡眠薬は医療医薬品のため、医師からの処方箋がないと手に入れられません。
中には効果が強い睡眠薬もあり、依存性や作用の強さにバラつきがあり使い方を間違えると副作用が強く出てしまいふらふら状態になることも。
そのため薬の特徴を熟知している医師の判断で、服用期間や飲み方を決めてもらう必要があるんです。

不眠症には睡眠薬を

「なかなか眠れない」「何度も起きる」「いつもより早く起きる」「眠りに満足感がない」という症状が出るのが不眠症。
抱えている症状が人によって変わり、それぞれに適した睡眠薬があります。

たとえば寝つきの悪い人には即効性に特化した薬、途中で何度も起きる方には効果のピークが遅い薬が処方されます。

一方で睡眠改善薬は寝つきの悪さを改善するだけなので、不眠症の症状には対処できないんです。

抗ヒスタミンで快眠

「2~3日眠れてないなあ」という方は、市販で売っている睡眠改善薬を試してみましょう。
睡眠薬と異なる点は成分と効き方。

睡眠改善薬の成分は、花粉症や鼻炎に効く抗ヒスタミンが配合されています。鼻炎薬を服用した経験がある人は、「日中眠くてしかたなかった」と副作用の眠気を感じたことがあるはず。
実はこの眠気を利用して、睡眠を促しているのが睡眠改善薬です。
一時的な眠りの浅さ、寝つきの悪さに悩んでいる人におすすめです。

ただし不眠が悪化している状況下で市販薬を使っても効果が得られないことも。
眠れない状況が何度も繰り返している人は、不眠症にかかっている可能性があります。
市販薬で改善しなかった場合は、病院へ行き医師に相談してみてください。

市販で買える睡眠改善薬は?

 改善薬商品紹介&説明

「寝つくまでに時間がかかる」「病院にかかるほどでもないかな」という人は、薬局や通販サイトで買える睡眠改善薬を試してみましょう。
徹夜続きで眠れていない人や寝始めが長い人にピッタリのドリエルやリポスミンをおすすめします。

改善薬で寝つきの悪さを改善

睡眠改善薬にはドリエルやリポスミンなどがあります。しかし成分や副作用に違いはないのがポイント。
どちらもジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれており、昼間の眠気やめまいなどの副作用があります。
またスリーピンやドリーミンなどもすべて同じ成分&副作用のため、効果も変わりなく寝つきの悪さと眠りの浅さを改善してくれます。

メーカー元が違うだけなので、価格で判断するという人もいます。

不眠症にドリエルは効かない?

睡眠改善薬であるドリエルは、一時的な寝つきの悪さを改善してくれるだけなので不眠症の方には効きません。
たとえば不眠症状のひとつである「眠れるけど何度も起きてしまう」という人に、緩やかな入眠を促すドリエルを使用しても、効果がないのは一目瞭然です。

ドリエルだけでなく他の睡眠改善薬すべて、入眠を促す作用を持っているため不眠症の方には効きません。

睡眠に関する悩みを抱えている方は、一度改善薬を試しそれでも治らなければ睡眠薬にトライしてみてください。
睡眠は私たち人間にとても大切な要素。
「最近眠れてないけどいいかな」と思うのではなく、毎日しっかりと睡眠を取って健康的な生活を送りましょう。